人気ブログランキング |

多肉植物の寄せ植えを楽しむ

ステイホームが続いた夏に、YouTubeで興味を持った多肉植物。

中でもTANIKU LIFE さんの動画がお気に入りです。

ネットでいろいろ勉強して、ボチボチ種類も増やしてます。

近辺には多肉植物をたくさん扱っているお店もなく、ホームセンターとか花市場で見かけて、手頃なお値段(安い)の物を購入したり、ネットで値打ち(安い)なのを注文したり、お友だちに貰ったり。

鉢も手持ちの物を利用したり、100均ショップで買ったり。

多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_10325697.jpeg

多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_10334278.jpeg
多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_10341642.jpeg
多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_10332429.jpeg

この猫ちゃんの鉢は、名古屋に住んでいる時にDAISOで1個150円で買ったっけ。

多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_10333408.jpeg
多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_10331355.jpeg

多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_18595905.jpeg

100均で麻紐も買ってプラントハンガーを作りました。

多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_19001856.jpeg

八重のピンクのゼラニウムも無事夏を越し、2鉢だけ花を咲かせています。

多肉植物の寄せ植えを楽しむ_f0148762_10410875.jpeg

赤のゼラニウムは何とか2株だけ持ち堪えました。

今年の夏も猛暑だったから大変だったな〜。


さてさて、これからは寒い寒い季節になります。

無事春を迎えられます様に!




# by satsuki-0514 | 2020-11-22 10:54 | 多肉植物 | Comments(2)

ミシンでジャージャーキルト風

さつきの「ミシンでジャージャーキルト風」の手順です。

ネット友のアメリさんの作品を見て、どうやってするの?と教えていただきました。

まず4センチ角の色とりどりの布と土台にするキルト綿を準備します。

アメリさんはキルティングしてある市販のキルト布を使われていますが、私は手持ちがなく、その代わり片面接着キルト綿があったので、それを使いました。

出来上がり寸法にカットした片面接着キルト綿に布を乗せていきます。

どんな色が映えるか確認しながら、中心線を書いておいたキルト綿に並べていきました。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14293559.jpeg

並び終えたら当て布をして、アイロンで接着していきます。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14295121.jpeg

4センチ幅にカットした布を1センチずつ折り込んで、2センチ幅にします。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14300795.jpeg

必ず2センチになるようにアイロンをしっかりかけておくと出来上がりも綺麗になると思います。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14302051.jpeg

上下をまち針で止めておきます。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14304188.jpeg

横布は縦布に上下に渡して止めます。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14305557.jpeg

窓になる布が正方形になるように整えてまち針を打っておきます。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14311685.jpeg

ミシンをかけていきますが、かけているうちにずれ込まない様に!

↓は失敗例です。(汗)
ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14312938.jpeg

縦横、ミシンをかけたら、周りの布を縫い付けていきます。

1センチ、折り込んでおきます。
ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14345456.jpeg

まず縦の部分にミシンをかけます。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14314873.jpeg

横の部分も同じようにミシンをかけます。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14320691.jpeg

キルト綿は出来上がり寸法に裁断してあるので、縫い代1センチ残して余分な部分をカットします。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14321471.jpeg

これで表布の完成です。

ミシンでジャージャーキルト風_f0148762_14322738.jpeg

あとは普通にバッグに仕立てます。


う〜む、説明するのって難しいね〜。(汗)








# by satsuki-0514 | 2020-11-18 15:19 | ハンドメイド | Comments(8)

ミシンでジャージャージャ〜♪

ネットのお友だちの作品を見て、私も作ってみた〜い。

面倒なパッチワークかと思いきや…

作り方を教えてもらい、目から鱗でした!

ちょっと自分なりにアレンジもして、さっそく作ってみました。

ミシンでジャージャージャ〜♪_f0148762_15034588.jpeg

小さめのショルダーバッグ2つとポーチです。

ショルダーの紐は、母が遺していった市販品のが1本あったので、それを利用しました。


ミシンでジャージャージャ〜♪_f0148762_15035642.jpeg

ショルダーバックにはファスナー付きポケットと、内袋にもポケットを。

黒色なのでミシンを掛けてても見辛くって…。

当分黒色(暗い色)は使いたくないな〜。


私の右眼は中心部におはじきを通して見てるって感じ。

ぐにゃぐにゃっと歪んで見えるの。

だから文字が見えないというか、読めないのです。

左眼で見てる状態かな。

遠近感がイマイチ???となります。


10年ほど前に受けた手術が原因ではないそうです。

原因は強度の近視の私の眼が問題で、治療法もお薬もないそうです。

一生このままの状態、もしくは悪化する可能性も無きにしも非ず。

ただ失明することはないとのことと、好きな針仕事が原因ではないことにホッとしています。


見えるだけありがたいと思うことにしましょう。





# by satsuki-0514 | 2020-11-11 15:36 | ハンドメイド | Comments(8)

「にゃん」の針しごとさんの作品展へ

昨日は3年ぶりに「にゃん」の針しごとさんの作品展に行ってきました。

場所は滋賀県守山市の「うの家」です。

一人で行くのもちょっと寂しいので、認知症のお義母さんを介護しており、チクチク好きのお友だちも誘ってみました。

認知症のお義母さんはデイサービスの日だし、ご主人も仕事が休みなので「行っておいで〜」と言うことで、お友だちは久しぶりにお義母さんから解放されてのお出掛けです。

電車で移動すると2時間はかかるけど、お友だちの家からは車で高速を走れば1時間ちょっとで行ける。

ならば車で行こう〜♪

高速道路はあまり走らないお友だちの運転で、少しだけ不安を抱え、ナビを頼りにちょっとした珍道中でした。(謎爆)

途中交通事故渋滞に遭いましたが、何とか無事に到着。

にゃんさんの教室の生徒さんの作品も展示されており、賑やかな(作品だけではなく、生徒さんも♪)作品展でした。


「にゃん」の針しごとさんの作品展へ_f0148762_11222381.jpeg

にゃんさんのブログや本では目にしていましたが、実際に見て、手に触れると作品の素晴らしさにため息です。

「にゃん」の針しごとさんの作品展へ_f0148762_11224439.jpeg

にゃんさんともいろいろい話ができて、楽しい時間でした。


お昼は「うの家」の中にある「咲蔵」で近江牛のランチ♪

「にゃん」の針しごとさんの作品展へ_f0148762_11225865.jpeg

美味しかった!

お腹いっぱ〜い。

せっかくだから近場で観光とも思ったけど、帰りの時間も気になるし、「クラブハリエ」に寄ってバームクーヘンなどを買って帰宅することに。

「にゃん」の針しごとさんの作品展へ_f0148762_11235688.jpeg

帰りは渋滞もなくス〜イスイ。

無事に帰宅できてよかった〜。(笑)



2着目が完成〜♪

「にゃん」の針しごとさんの作品展へ_f0148762_16230135.jpeg







# by satsuki-0514 | 2020-11-01 16:21 | 生活 | Comments(8)

着物リメイク

お友だちがお知り合いに貰った着物(羽織)を私が貰って、家庭着(割烹着)を作りました♪

着物リメイク_f0148762_17254626.jpeg

どう?

なかなかいいでしょ♪


和布作家「にゃん」の針しごとさんの本「藍と刺し子の暮らし着」が先生です。

着物リメイク_f0148762_17261285.jpeg

難しいとろこはちょっとアレンジして…


着物リメイク_f0148762_17260041.jpeg

袖丈を長くして、袖口は割烹着のようにゴムを入れてます。(汗)


気を良くして第二弾!

これも頂き物でございます。

着物リメイク_f0148762_17262805.jpeg

チェック柄で可愛い割烹着ができそう♪


これから寒くなるので、割烹着は必需品なのでございます。(笑)




# by satsuki-0514 | 2020-10-26 17:38 | ハンドメイド | Comments(8)