3週間経ちました

父のその後

1週間前とあまり変わらずかな。

相変わらず反応は鈍く、身体は全く自分で動かすことも出来ない。


先週、ケースワーカーさんから今後についての話がありました。

食事は口からの摂取が難しいため、今後も経鼻栄養や痰の吸引を続けることになるので、自宅での介護は難しい。

今の病院はDPCII群病院のため、病状が安定してきたら退院(転院)することに。

次の受け入れ先の選択として、介護老人保健施設(老健)か療養型の病院となる。

父の場合は療養型の病院がいいとのこと。

(たとえ老健を希望しても、父の状態では受け入れを断られる場合もあるとのこと。)

受け入れ先の病院の候補は2箇所。

どちらも車で30分くらいはかかるかな。

贅沢は言ってられないか。


と、近々転院させられるかな…と思っていたら…


手術をした傷跡の治りが悪く(頭蓋骨が見えてる状態らしい)、明後日、形成外科手術(移植手術)を受ける事になった。

術後の経過もあるので、あと3週間くらいは今の病院でお世話になれそう。

ちょっとホッとした私。

父にとっては一難去ってまた一難でしょうか。


6月分の請求書が来ました。

父の場合は後期高齢者の高額療養費制度(年金収入80万円以下の低所得I)により手厚く保護されているため、大手術を受けても負担金は少ない。

本当にありがたいことだけど、これでは後期高齢者の医療制度もパンクするよねぇ…。




[PR]

# by satsuki-0514 | 2017-07-10 19:52 | 生活 | Comments(0)

洋裁教室?

2週間ほど前、お友だちの山ちゃんと会った時、私たちにも作れるようなデザインの素敵なブラウスが!

製品は高級な生地を使ってあり高いので、型紙を購入し、取り敢えずは私が自宅にあった生地(母が残していった生地)で試作品を。

f0148762_20434070.jpg

ちょっと(かなり?)派手ですが、なかなか涼しくていいわ〜♪

そして今日、山ちゃんが生地を持って作りに来ました。

f0148762_20502423.jpg

几帳面な山ちゃんは丁寧に作ってます。

そして完成〜♪

f0148762_20514924.jpg

山ちゃんのは着丈を5センチ長くしました。

おお!

いい感じ〜♪

と、2人で喜んで記念撮影をしました!


あ〜だの、こ〜だの、とお喋りをしながらの洋裁教室は楽しゅうございました。




[PR]

# by satsuki-0514 | 2017-07-08 20:58 | ハンドメイド | Comments(4)

メダカちゃんのお引越し

100均で買ったカブト虫用のケースでは小さすぎたので、ダイソーで500円のカブト虫や金魚飼育ケースを購入。

イオンに寄って砂とかも買ってしまった!

f0148762_19525498.jpg

メダカちゃん、長生きしてね♪





[PR]

# by satsuki-0514 | 2017-07-04 19:55 | 動物 | Comments(0)

2週間経ちました

父のその後は…

昨日あたりから呼び掛けると反応というか、目を動かしているような…。

今までよりは表情も生きてるって感じがする。


本当に父の生命力には驚きだわ。


父は病院だから安心してパートにも行ける。

たまたまパート先の店長の関係で、今週はパートも休みの日が増えて時間を持て余していました。

折角だからと、お友だちが遊びに来てくれたの。

木曜日には山ちゃんとミシンでバッグ作り♪

京都で買って来たよ〜とお土産を!

f0148762_17322321.jpg

猫柄の生地だぁ〜♪

また小物作りに励まねば!


そして今日は四日市のけいちゃんが来てくれ、パッチワークの勉強?

けいちゃんちにはメダカちゃんがいっぱいいるので、頂戴ねってお願いしていたので持って来てくれました。

f0148762_17353626.jpg

可愛いね〜♪


今日は蒸し暑い1日となりました。

まだ7月に入ったばかりなのに、この暑さでは先が思いやられます。



健康第一!

元気に長生き(希望としては80歳までボケずに自活するのが目標)しなくっちゃね〜。





[PR]

# by satsuki-0514 | 2017-07-01 17:49 | 生活 | Comments(0)

父の生命力

そう簡単にはあの世に逝かないだろうなとは思っていましたが…。

手術から10日経ちました。

体に付けていた管も取れ、今は栄養分を注入するための管(経鼻栄養)が鼻に入っているだけです。

声をかけても反応もしません。

ずっとイビキをかいて寝てるような状態です。

刺激を与えるためや、床擦れを防ぐためにも身体を動かしたりしてもらっていますが、自分の意思で動くことはしない(出来ない)ようです。

回復の見込みはないようです。

今の安定した?状態が続けば、病院を転院することになります。

転院先の病院(または老健)は、今後ケースワーカーさんと相談して決めるわけですが、当然今の病院より遠くなり、私たちにとっても不便になるなどの問題も。

なるようになるのでしょうが、手術をした痛々しい頭部をみると、本当に複雑な気持ちです。



父の介護がないので時間を持て余し気味の私。

パッチワークでもするか!





[PR]

# by satsuki-0514 | 2017-06-27 19:01 | 生活 | Comments(4)