<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ぼちぼちと

久しぶりに仕事も休みで、な〜んも予定のない1日。

クーラーをつけてのんびり過ごしましょうか。


さてさて、父があの世へ逝って2週間経ちました。

入院してたから、突然いなくなったって感じはしない。

毎朝蝋燭とお線香をあげ、遺影を見ながら手を合わせると…。

「あ〜、いないんだな…」と。


ただ今父は極楽浄土へ行くために修行中だそうです。

ちゃんと母に会えるように頑張ってもらわねば!


私は、寂しいというより安堵感が勝ってしまっている。

先日も高校時代の友だちから、名古屋の中日劇場での招待券があるけど行かない?との誘いが。

今までは、お出掛けするには姉に留守番を頼まねばならず、ましてや急なお出掛けは難しいことも。

でも今は自由〜♪

帰る時間も気にせず楽しんで来ました♪

何でもスーパーの企画に応募して当たったんだって。

沢山のお土産付きでした♪

f0148762_10021112.jpg
さてさて、これからどう生きていくか!

取り敢えず、今までの生活のままパートも続け、ぼちぼち考えよう。




[PR]

by satsuki-0514 | 2017-08-20 10:23 | 生活 | Comments(0)

1週間

先週の今頃は、浦安の叔母と電話で話していました。

父の術後の様子とか

これからの事とか

もしもの場合でも、夏は暑いからもう少し頑張って貰わねばとか

まさかこの3時間後に、父が亡くなるなんて微塵も思ってなかった。



私たち姉妹は、病院(執刀医)に対して納得がいかない事もある。

これがもし高齢の父ではなく、夫や息子だったら納得がいくまで説明を求めただろう。

でもあまりにも突然だったし、あの時の状況で行動を起こすエネルギーもなかった。


もしも、もしも、もしも、執刀医の医療ミスだったら?

若い先生で経験も少ないだろうから、父の様な場合もあるのだと、今後の経験に役立てて貰えれば良いか…と。

これで良いのか悪いのかは分かんないけど。


姪っ子(父にとっては初孫)の子どもで、父にとっては初曽孫とスマホのアプリで♪

f0148762_21274224.jpg

今年の春頃の写真です。


今度、私も撮ってもらおうかな〜♪





[PR]

by satsuki-0514 | 2017-08-10 21:36 | 生活 | Comments(0)

8月4日 午前1時16分までの記録
(私の日記から抜粋)

7月31日 月曜日
午後から姉と病院へ。
そしたら父の呼吸がいつもと違って、目も見開き呼びかけても反応もせず。
急いで看護師を呼び、痰が溜まっているからとのことで吸引をして貰った。
呼吸も楽そうになったが、私たちが行かなかったら当分あのまま?
何だかなぁ…。
主治医から電話があり、肺炎の心配はないとのことと、水曜日の手術後の経過を見て転院となるとのこと。
本当に大丈夫なのだろうか。

8月2日 水曜日
父の手術は無事終わったが、どうやら最初の脳の手術に問題あり?
頭蓋骨の中から液?が漏れてきて、皮膚がなかなかくっつかなくなったような話みたい。
主治医の脳神経外科の先生も加わって、計画されていた形成外科手術ではなく、脳の中からの液を吸い出す処置手術となったとのこと。
これで何とか落ち着いたら病院を変わることになるらしい。

3日 木曜日
仕事が終わってから病院へ。
今日は息遣いもわりと穏やか。
昨日の手術で頭の中がスッキリしたのかな?
でも相変わらず呼びかけても反応はなかったけど。
左耳後ろの術後次第だが、ケースワーカーからも電話があり、転院先の病院へ7日の月曜日10時に説明とかを受けに行くことになった。
あと2週間くらいで転院かな。

4日 金曜日
深夜0時49分、電話が鳴り、慌てて起きて電話を取ろうとしたら切れた。
着信歴を見ると病院の番号。
急いでかけようとしたら、今度は携帯に電話が入る。
看護師さんから「○○さんの心臓が止まってまして…」と告げられる。
姉に連絡し、急いで着替え、自転車で病院へ。
知らせを受け10分ほどで着いたと思う。
姉2人も駆けつけた。
いつも口を開けて呼吸をしていた父の姿と何ら変わりはなかった。
ただ肩や胸は動いてなかった。
当直の看護師からの説明は
11時にオムツ交換をした時は特に異常もなかったが、見廻りに来た時に(12時以降と思われる)心臓が止まっていた。
主治医も駆けつけ、1時16分死亡確認。
死因については調べてみないとわからないとのこと。
しかし私たちはこれ以上父の身体を痛めつけるのはかわいそうだったし、連れて帰ることに。
去年9月にオープンした自宅から徒歩3分ほどの葬儀会館へ連絡(父はここで自分の葬儀が執り行われるのを楽しみ?にしていた)するため、私は一旦帰宅。
病院に戻ると妹が駆けつけていた。
2時45分頃葬儀会館が迎えに来て、直接会館へ。
通夜、葬儀の打ち合わせと準備。
湯かん師さんに痛々しい傷跡も綺麗にしてもらう。

6時通夜。

8月5日 土曜日
11時告別式、12時出棺。
無事に葬儀を終えた。




[PR]

by satsuki-0514 | 2017-08-07 17:27 | 生活