父の生命力

そう簡単にはあの世に逝かないだろうなとは思っていましたが…。

手術から10日経ちました。

体に付けていた管も取れ、今は栄養分を注入するための管(経鼻栄養)が鼻に入っているだけです。

声をかけても反応もしません。

ずっとイビキをかいて寝てるような状態です。

刺激を与えるためや、床擦れを防ぐためにも身体を動かしたりしてもらっていますが、自分の意思で動くことはしない(出来ない)ようです。

回復の見込みはないようです。

今の安定した?状態が続けば、病院を転院することになります。

転院先の病院(または老健)は、今後ケースワーカーさんと相談して決めるわけですが、当然今の病院より遠くなり、私たちにとっても不便になるなどの問題も。

なるようになるのでしょうが、手術をした痛々しい頭部をみると、本当に複雑な気持ちです。



父の介護がないので時間を持て余し気味の私。

パッチワークでもするか!





[PR]

by satsuki-0514 | 2017-06-27 19:01 | 生活 | Comments(4)

Commented by KSuzuki-56K at 2017-06-27 22:39
ホントに、、、生き抜くとは、大変なことだとつくづく思います。
複雑なさつきさんの気持ちもとっても理解できます。
私にも経験がありますが、そういう時って、何をしていても頭のどこかにあって集中できないのよね。。。体よりも精神的にまいらないようにうまくストレスを発散させてね♪
Commented by cookie13taka at 2017-06-28 08:59
おはようございます
お父様のこと、さぞかし心配でしょうね。。。
心配事を抱えるとその心労は何倍にも体にかかってきますから
ご自愛くださいね。。。
好きなことをして紛らすことも大事よ~^^

Commented by satsuki-0514 at 2017-06-28 18:53
★おかんさん

おかんさんはお母様のことも大変でしたね。

父と私の関係は微妙で、今は「楽をさせて貰ってる」というところでしょうか。

今後のことに見通しがつかないから落ち着かないけど、今からあれこれ考えても仕方ないしね。
Commented by satsuki-0514 at 2017-06-28 18:57
★アメリさん

ご心配いただきありがとうございます。

年に不足はないし、今までに何度も死にかけてますから慣れてるかな(笑)

パッチワークやミシン仕事に集中できる〜♪

な〜んてね。(^_−)−☆