「ほっ」と。キャンペーン

手術体験記

さて昨日の続きでございます。

先生「ちょっと痛いかもしれませんよ」
い、い、痛い・・・
硝子体切除のため3つの穴が開けられる?
最初の2か所は痛みを感じたが、3か所目は大丈夫だった。

何してるんだろう、どうなってるんだろうと想像する。
見える世界は、水中から上を見上げているって感じ。

そのうちに黒いごみのようなものがはっきりと見えた。
これは飛蚊症の原因だった物のようだ。
(よくわからないけど、現在右眼の飛蚊症はなくなっている。)

先生「電気を消してください」
すると明るく見えていた世界が、暗いオレンジ色に。

あれ?影絵のようにチューブのような物が見える。(これはどうやらライト?)
あ、次はピンセットのような物が動いてる。
先生が膜を剥がしているんだ!
眼を動かしたら先生の手元が狂うから必死にガマン!
(あとでわかったのだが、右眼は麻痺していて動かないみたい)

まだかな。
ちゃんと剥がれるのかな。
まだ終わらないかな。
早く終わって欲しいな。

先生「次の人を呼んでください」
え?次の人?
じゃあ、私はもう終わる?

眼から何か抜き去るのを感じる。
右眼にガーゼを貼られ、身体に付けられているものも取り外され、はい終了!

時間は約15分くらいだったらしいが本当に長く感じた。

私はガスを充填する必要がなかったため、時間も短かったようだ。
また、ガスを充填すると、数日間はうつ伏せの状態を強いられるためとても大変なので助かった。

手術室から車椅子に乗せられ病室へ帰る。
自然と力が入っていたのであろう、奥歯と肩が痛かった。

でも無事終わって本当によかった。

さて手術後の経過についてはまた明日~♪
[PR]

by satsuki-0514 | 2011-01-06 22:40 | 生活 | Comments(2)

Commented by おかん at 2011-01-07 07:27 x
ひえぇえええ~~~ (||゚Д゚)
結構大変な手術を、結構冷静に観察?してたんだねwww
私が白内障の手術をした時は、水中のカンジは同じだったけど、
何をしているのか、全くわからなかったw
白内障の手術をするときは、もっと楽だから安心してね♪
Commented by satsuki-0514 at 2011-01-07 21:01
★おかんさんへ

こんばんは~♪
手術技術の進歩はすごいです。
昔はもっと大変で入院も長かったようです。
白内障の手術も日帰りで出来るようになったものね。

とにかく声が聞こえるのはかえって不安だね。^^;